タグ:#BROMPTON

●GWが目前に迫っていた 今こそ、旅に出かける大チャンス!しかし・・・●先の想定外の大出費で、ケチケチ生活実施中のKOU!GW自体移動経費は普段より高額だし、その上6連休だ。無計画に出かけてしまった場合一人旅でも余裕であり得る・・・10万~15万以上の散財ッ!だから ...

●2022.04.10 09:24 本土(?)を出航し、およそ8分・・・おおっ、これがオキシマの港!海の小島と同等以上の港に見えるが、湖なので波が非常に低い。波止場至近に民家が建ち並ぶ光景は、なかなか印象的!●そして、桜も満開!京都の桜は先週満開だった。伊勢国・関宿の桜 ...

●2022.04.10(日)06:51ハッ!差し込む光、賑やかな鳥たちの声・・・・・・・・・朝か!●顔を洗い、ゆっくりと着替え、食堂に向かう今日は気楽。だって、20キロ弱先の目的地に8:15マデに着けばいい。30分ほどで朝ごはんを頂き、20分で準備して、6:50に出れば超余裕格安 ...

●伊勢国「関宿」を後にするKOU思いの外、満足できたスポットだったさて、東海道を進んで鈴鹿峠を越え、近江国に向かおう。●関宿を出ると、峠に向かう道路っぽくなってきた国道1号線で対面通行2車線区間があるのって、個人的に意外。斜度は大したことなく、風景を眺めながら ...

●近江国「オキシマ」(*v.v)。。それは、日本では唯一、世界でも極めて珍しい湖上の有人島ッ!さらに、学校があるのは世界でもここだけというッ!!珍しいッ、行ってみたいッ!!!もしかして、BROMPTONで「オキシマ」を探検した者はまだいないかも。そこで、2021年僕はこの ...

●三条を離れ、先斗町(ポントチョウ)を進む河川敷を行くのかと思っていたが、こんないい感じの路地があったらしい。Tさん:「この辺が、いわゆる『一見さんお断り』のお店なんですよ」KOU:「へ~」横丁がたくさんあって、面白い。中には「通りぬけできまへん」という行き止まり ...

●正直、地獄だった2021晩秋~2022春ッ!特に2~3月にかけては、体力、精神的な多大なダメージは勿論、金銭面でもminiの新車が買えるくらいのびっくりダメージを喰らう事になった悪いことをしたワケでも、投資で失敗したとかでもない。強いて言うなら天中殺とはこういう事な ...

●大名古屋も日に日にあったかくなってきた2022年2月26日(土) 10:30久々に眺めるベランダからの景色に『建物増えたなあ』・・・と思いつつ、いそいそと家を出る。3日前、ガーデンふ頭ポタでシーズン始動したBROMPTONくん。しかし、この前のポタではキョリが短すぎて、交 ...

●いい加減、冬眠から目覚めなければ昨年(2021年)11月、大失敗に終わった木曽路極限ポタから早3か月以上過ぎたが、全く旅もポタもしていない。今月、3泊4日で飛ぶ予定だった石垣島旅ポタがオミクロン拡大で中止になって始動の気も削がれてしまっているが、このままではいけ ...

木曽路2021・秋(8)「帰還」篇※完結●2021年11月7日(土)13:54とにかく、揃って谷を出られる事になって、本当によかった。「・・・さあ、行こう(*v.v)。。」●・・・と、谷の出口の鳥居に目がとまる廃社かも知れないが、ちょっと立ち寄って拝んでいこう。BROMPTONくん、 ...

※この記事は読み終わるまで10分くらいです。ヒマな時に、のんびりお愉しみください。●2021年11月6日(土)17:49明日の救出作戦実施の最低要件は「今晩中のトレッキングシューズの入手」。猶予は「あと1時間ほど」しか無い。木曽福島駅に到着するや否や、僕は駅前のタクシ ...

※この記事は読み終わるまで8分くらいです。ヒマな時にでも、のんびりお愉しみください。●前回までのあらすじ2021年11月6日(土)恒例「木曽路ポタ」の道中、木曽の山奥に迷い込んだKOU!5時間の死闘の果て、進めたのは区間約4kmのうち、わずか1.4km命を守るべく日没前に森 ...

木曽路2021・秋(5)「詰み」篇※この記事については茂みの写真が多いため、スマホの方は横長にして読む事をおススメします。※10~12分くらいで、のんびりお愉しみください。●11:54(運命の分かれ道から)1時間50分幅10mの土砂崩れの突破に45分を費やし、前進。分かれ道 ...

※ここから先の記事については茂みの写真が多いため、スマホの方は横長にして読む事をおススメします。●2021.11.06(土)10:04ここは長野県塩尻市贄川地区の古い道の上(の筈)。僕はBROMPTONくんとともに運命の分かれ道を「進む」ことに決めて、急な斜面を滑り降りた。そ ...

●2021.11.06(土)08:56日差しが差し込む気持ちのいい林道が続く材木を利用するために山の手入れがされていて、枝打ちや間引きが適切になされているからだ。木曽の林業の歴史は長い。江戸時代、山がちな木曽地域では米による年貢が免除される代わりに、山林の材木を年貢と ...

●ハッ朝・・・か2021年11月6日(土)05:30。シャワーを浴び、旅の身なりを整える(*v.v)。。●今日の行程は「塩尻~投宿先」道中の大きなポイントは3箇所。①初期中山道~廃村~昔の生活道路②鳥居峠越え③御嶽山麓までの道(余裕あれば)このうち①は、昨日、塩尻の歴史研 ...

●秋まっさかり(*v.v)。。旅心をくすぐられるこの季節。毎年走りたくなる場所がある(*v.v)。。●それが「木曽路」少し前の「初ミニベロ旅のおススメコース」で2番目に紹介したコースだ。●木曽路は全長約90kmの「木曽谷」をゆく道全区間にわたり、道の両側に自然豊かな山肌が ...

【琉球王国】「西へ行くポタ」(*v.v)。。2021(後篇)※完結●両親が乗る仙台発の飛行機は早着予定らしいお互い若い頃ならともかく、僕らくらいの年齢になった親子が2年近くも逢えないとなれば、その間に誰かが亡くなるのはままあるハズ。コロナ禍でそんな離別を経験した家族 ...

「BROMPTONとの旅|03.初ミニベロ旅におススメ!1泊2日旅(このシリーズは「ミニベロ旅の戸口にいる方」(初心者)向けにお送りしております)●「初めてのミニベロ旅」どこに行くか?2泊3日で出かけられる人なら「とりあえず沖縄にでも飛びましょう!」と言いたいところ。・ ...

【琉球王国】「西へ行くポタ」(*v.v)。。2021(中篇)●10月9日(土)11:22「旅が戻って来たこと」にひとしきり感動した僕は、那覇空港前の道を走り出し、5~6キロ先のホテルを目指すなんか、こういう風景、すごく懐かしく感じる。コロナの間、ずっと灰色だった情景に光が差 ...

「BROMPTONとの旅|02.愛車と一緒に日常を脱出(このシリーズは「ミニベロ旅の戸口にいる方」(初心者)向けにお送りしております)「旅」とは生活基盤を離れて遠くに出かけること。古来より旅人は言う(*v.v)。。「旅の路には非日常の景色や刺激があふれている」、と!人は古 ...

●2021年9月下旬、僕はニュースでそれを知った『10月1日以降は緊急事態宣言解除か・・・』アタマにパッと浮かんだのは既に1年半ほどやれてない「里帰り」。岩手への帰省が問題無さそうなら、スグにでも帰りたい。いつもの様に、両親を1~2泊程度で北東北へのドライブに連れ出 ...

BROMPTONとの旅|01.1日の走行キョリチャリを使う旅は、自動車旅や公共交通だけの旅と比較して体力を使う。走行中も、非走行時もだ。そして、体力を消耗するからこその「旅感」は間違いなくある。こういう事を考える時、参考になるのが「江戸時代の旅人の姿」だ。ほぼ全ての ...

BROMPTONとの旅|00.「旅」とは?Sさん:「KOUさんの趣味は”旅”だね。それは”旅行”ではない。いいねえ」彼は僕の両親と同世代で、大手旅行会社を卒業して悠々自適の暮らしを送っているじいさん。僕が小さな折り畳み自転車を持ってあちこち出かけているのを知っている人物 ...

●3月のデュアルSIM版XPERIA機種変以来・・・業務連絡速度が社用スマホ使用時よりUP、誰にも迷惑をかけることなくなったKOU!アップル系インターフェースからの解放でノイローゼも解消し、平和な日々を送っていた!しかし、半年後の9月、会社の都合で「あるアプリ」を入れな ...

↑このページのトップヘ