●2022年5月6日(金)10:34
画像1

うんざりするほどの坂を越え続けて230km
三陸縦断ポタも、ぼちぼち最終盤。










●ここは、海岸線よりちょっと内陸にある「田野畑(タノハタ)のむら」
DSC01473

少し腹も減って来たし、スーパーに寄って行動食の予備を買っとこうかしら・・・










DSC01475

でも、この11km走る間にまた20分遅れてる
しかも、この先、ちょっと寄り道していきたい・・・いや、【寄らねばならぬ場所】がある(*v.v)。。









●それは小袖海岸(コソデカイガン)
画像2



そこは、2013年の朝ドラ「あまちゃん」の主要な舞台になった場所。
「海女さん」が潜れる海としては北限だ。


殆どテレビドラマを見ない僕も、「あまちゃん」は出社前に見て、さらに録画でも見るほど愉ませてもらった。
当然、小袖海岸も海女センターも訪問済みだが、立ち寄らねばならぬ。
そう、立ち寄らねばならぬのだ(*v.v)。。










●よって、時間的に全く余裕がない
DSC01485

店を無視して進むと、ほどなく道は、再びキツイ上り坂に。
この旅最大の上り坂の「2段階目」に入った











DSC01494

やれやれ










DSC01498

この旅でマスターした「脱力登坂法」でヨボヨボと上っていく












DSC01499













DSC01501

いったい、何が愉しくてこんな事をやってるというのだろう?












DSC01504

マジでアホらしいんですけど。










●いい加減、自分自身にうんざりしてた11:17 
DSC01511

ん、なんだ、あの看板は











●おおっ
DSC01512

低い割に、延々と続いた上りもついにおしまいだ















三陸タイトル図


(10)

「田野畑~小袖海岸」の巻





















●KOU「下り坂のテーマ」(「BIG-BLUE」(NINTENDO 1990)
















●何もせずとも速度が上がってゆく
DSC01516

溜め込んだ「位置エネルギー」ヲ解放セヨ!














DSC01519

ククク、愉しませてもらえそうじゃないか















DSC01520

















DSC01521

















DSC01523

おおお・・・















DSC01524

思ったよりスゴイ













DSC01525

速度は「安全限界」の50km/hを軽々と越えてゆく











DSC01526

しばらく経っても「漕ぎ」ナシの状態は続き・・・















DSC01527

スピードが落ちてきたら、ペダルを漕ぐ

今年の春にカスタムした「ターボギア」※で、時速40km越えの高速度も余裕で追従、長時間ペダリングできる

※6速のギアを重くしただけの、BROMPTONでは一般的なカスタム。











DSC01528















DSC01530

下り坂はまだ続く。
道は完全に無人。
BROMPTONくんのギアの音以外は、エンジン音もモーター音も無い。
木々のざわめきと、鳥たちの声が聞こえるのみ













DSC01532

本当に気持ちいい













●普代村(フダイムラ)に突入
DSC01538

結局、下りは漁港がある街なかまで続いた












DSC01540

約13km下り続けて、15分近く時間が縮まった。
これは、意外と早く着けるかも












●時刻は11:51
DSC01544

さすがにおなかが空いたので、スーパーで食料を調達・・・













DSC01546

とりあえずコレでいいや。
今日は、ゴールしてから「食べたいモノ」があるしな。










●次の野田村との境も、やっぱり峠
DSC01559

やれやれ、ホントにリアス式海岸ってやつは












●しかし、峠から野田村の海が見えた時は・・・
DSC01567

『ああ、リアス式海岸ってなんかいいな』と、思った。
峠を越えた先に、港町がひとつずつ並んで連なってるのって、やっぱ旅情あるよな











●これぞ三陸の海

DSC01572

そして、僕のアタマの中にはあの曲が流れ始める













●KOU「すてきな三陸」のテーマ(「あまちゃんオープニング」大友 良英・NHK2013)



















●気持ちもアガってくる
DSC01584















DSC01597














●13:22、野田村の休憩駐車スペースに到着
DSC01607

ここまでの走行キョリは104km。













DSC01608

いつ来ても、本当に素晴らしい北三陸の海













DSC01610

野田村も中心部はやはり更地。
もう、今回走った300km近い道の、ほぼ全ての町村で共通の光景と言っていい。




それでも・・・やっぱり、三陸海岸は素晴らしいと思う!












DSC01622

小袖海岸に出るまで、まだまだ山越えはある。
『ゆっくり越えてこ










●素晴らしい北三陸の海
DSC01629

このあたりの道は、クルマも通りにくい道でほとんど通行がない。
音も、波の音、鳥(ウグイス)の声くらい














DSC01632

この先の道は防潮堤工事が続いている。












DSC01640

本当は海沿いにまっすぐ行きたいんだけど、行けない道











●そして、岬の激坂

DSC01641

うん、どっちもクルマで来た時に見て、知ってる













DSC01642

やれやれ











●「脱力登坂法」でものぼれない
DSC01643

ついに、この旅初めて、下りて押し上る













DSC01644

予想通り、押しのぼるのもキツイ











DSC01645

やれやれやれやれ













●思った以上にキツかった
DSC01651

気温27度、大粒の汗

ただ、その先の長い下り、日陰となる薄暗い道はまるで別世界。
脇を流れる谷川の冷気か、手がかじかむほどの異様な寒さ。










僕のカラダは冷え切り、ガタガタ震えながら・・・












●14:31、小袖海岸に到着
DSC01652

いやあ、思いもよらぬ小冒険だった。
とりあえず到着出来てよかった!





(つづく)







無事、小袖海岸に到着したKOU!
ドラマでも登場した小さな灯台を背景に記念撮影だ。
ただ、時間にはさほど余裕もなく、すぐに海岸を後にする。
目指すは自走最終目的地の久慈駅。
そして、三陸鉄道の駅弁である「ウニ弁当」の購入だ!
果たして、僕はタイムリミットまでに到着できるのか?
そして、「ウニ弁当」を美味しくいただくことが出来るか?



次回「小袖海岸~久慈駅」の巻





<ヒマつぶしにはなったよ!と思われたら、ぜひ、ポチお願いします!>