2016年08月

3日前に計画した『平安京ポタ』の生命線は『宿がとれるかどうか』。 27日の時点ではめぼしい宿7~8軒の部屋がそれぞれ複数空いていて、 『・・・ためしに参加者募集してみるか!』なんて余裕かましてみたりしていたのだけれど、 今日の夜、改めて宿の空き状況を確 ...

●大名古屋ポタリング倶楽部(仮称) 2016年4月以降のグループポタリングの歩みを振り返る・・・ (4月) ・健康的に快走!【おさかな&ストロベリーハントポタ】 (5月) ・お手軽離れ小島気分1! 【アート&ジオキャッシング 佐久島ポタ】 ・水景と緑を辿 ...

今年知り合った20代後半の男の子からビリヤードに誘われてOKしたものの、前回やったのは20年前・・・ 学生の頃に3回ほどやったっきりで、ルールすらうろ覚えというレベル ●ポタ仲間のヒデタケさんに相談したら、教えてもらえ ...

みんな、それぞれが一番好きなカラーのBROMPTONに乗ってる事でしょう。 僕のBROMPTONはコバルトブルー。 2016.08.17 豊田市 王滝渓谷にて ...

●香嵐渓(こうらんけい)は『目と鼻の先』らしい ゆーさん:「もう、目と鼻の先です」 『目と鼻の先』・・・(*v.v)。。 使い手やシチュエーションによって大きくその距離が異なる言葉だ。 今、ここで僕が使用するとしたら、おおむね3~5km以下くらいのキョリかしら ...

●本編に入る前に 現在、『大名古屋ポタ倶楽部』(仮称)で実走行まで積極稼働中のメンバーは僕を含めて7~8名。 その中の誰かがコースを提案して、参加できる人だけ参加する・・・というカタチで運営されている。 僕のブログでは、それなりの距離を走るイベントばかりを ...

名古屋も大好きだけれど、やっぱりこの景色の方が好きだなあ 今は、FDAのお蔭で2時間ちょっとで帰れる我が故郷。 その景色は様々だろうけれど、誰の胸にも、大切にしまい込んである故郷ってあるんだろうか。 2016.08.14 岩手県紫波郡紫波町にて ...

高山植物でも有名な郷里の名峰・早池峰山(はやちねさん 1,917m)登山口でSolo camp with BROMPTON。 おりしもこの日はペルセウス座流星群の最盛期。GX7を最大露光にして何枚かテスト撮影していたら・・・ 2016.08.13 岩手県 早池峰山 河原坊登山口(1,050m) ...

今回の帰省旅で、改めて感じた。 旅の中での強力な『足』でもあり、旅自体のモチベーションを生み出してくれる存在でもある。 僕にぴったりの、とても不思議なツールだ。 2016.03.11 山形県遊佐町 吹浦付近にて ...

今後も色々物入りがあると思われるので「よしておこうか」と思った里帰り。 でも、2人が元気なうちにあちこち連れ回すのは、僕が出来る親孝行の一つなので、やっぱり帰ってきた ●今回はキャンプ装備も含めて 空輪 勿論、岩手に帰るからにはキャ ...

涼しい。広い。穏やか。 実家から眺める景色、子供の頃から何も変わらない。 僕の一番好きな風景 2016.08.11 岩手県紫波郡紫波町の実家前にて ...

●毎朝大体5時に目を覚ます僕だが・・・ 昨晩、会社の飲み会で帰ってきてそのまま寝てしまい、目が覚めたら3時半だった。 朝風呂に1時間ほど入って5時頃になったところで、久々に朝ポタにでも出てみよう・・・。 ●錦通長島町 この時間にぷらぷら外 ...

大須観音の近くにある香港食堂、この前初めて使ってみたらとても楽しくて、すぐにリピーターしてしまった。 この小籠包も、これから色んな人とちょくちょく食べる事になりそう。 2016,08,05 大須・香港食堂にて ...

今年はポタ倶楽部はもちろん、それ以外も含めて人間関係がなんか広がっている。 あまりポタに関係ないのでよほどじゃなければブログで書かないけど、外食の頻度がやたら多い年だ。 カロリー消費の為、ナイトポタと称してほぼ毎日10~20km少々のポタリングをしてるのに加え ...

コールマンのテントに付属していたペグ、地面に打ち込むにも、抜くのにもポクポク折れて使い物にならない。 2回使って、損耗率2割 実家に住んでた頃にテントを2つ持っていたが、無名のメーカーの製品だってこんな事は絶対になかった。 次回、テントを立てるのにも足 ...

●気づいていた方もいたかも知れないが・・・ 愛用の『LUMIX GX7』で撮った写真、しばらく前から『ホコリ』の様なモノが写りこむ様になってしまっていた。 3か月前くらいからGX7で撮った写真をブログUPする時は、画像加工ソフトで該当部分をぼかしたりしていた。 ...

●名古屋のリアル深夜食堂 一見、場末のスナック。 実際、場末のスナック。 この店には『出来るものなら何でも作るよ』というママと、『熱心に食材を持ってくるお得意さんたち』がいて、 出てくる料理も、お金の勘定も全てアバウトでテキトーという、カオスな ...

↑このページのトップヘ