●相変わらず忙しい日々が続くが・・・
イメージ 1

「ロマン探求ポタ2019(*v.v)。。」の航空券やホテルの予約を終えて、ひと安心ホッ

航空運賃+ホテル代は総額で約28万円に収まっており、

現地の高速鉄道やバス、フェリー代合わせて30万円ちょっとになる見込み。

その他、食費や入場料、タクシー代、おみやげ代などもろもろで40万円弱くらいの出費になろう。

チャリ改造に際限なく投資する事を「沼」と言うらしいが、「旅」に予算振り切ってる僕も大して変わらんかもだ。

行きたい場所がある限り、終わりの無い投資になるのだろう。







●今回の旅で一番楽しみにしているのが「モロッコ」だ
イメージ 2

そして、そのモロッコの中で一番楽しみにしているのが、MAP上の赤印の場所「ワルザザート」。

そこは子供の頃から「ロマン(*v.v)。。」を感じていたサハラ砂漠の入口の村。

しかし・・・





●改めて地図を見てみると・・・
イメージ 3

本場っぽいサハラ砂漠はアルジェリアやリビアの方だな

このエリアを拡大して見てみると・・・







イメージ 4

強い風によって波打った砂砂漠の部分と、岩肌が見えている岩砂漠の部分に分かれているのが判る。

なるほど、やはり砂砂漠の上には道路も町も無いようで、岩砂漠の上にそれらがあるのが見える。

こういった場所はGoogle earthのストリートビューでも、今のところその模様は見る事が出来ない。

とてもチャリで走れる場所とは思えんが、めちゃめちゃ行ってみたいな。

次のロマンポタの舞台は、中米かアフリカ砂漠地帯のどちらかになるかもだ。







●僕が訪ねるワルザザートのあたりも、砂漠と言えば砂漠
イメージ 5

極限の砂漠地帯を見た後だと、だいぶ「甘い砂漠」に見えないこともないが・・・。








イメージ 6

それでも、ワルザザートから、砂漠の集落を目指す20km超の道は、僕にとってかなり過酷であろう。

BROMPTONくんも砂対策を施して「BROMPTONくんデザートタイプ」とかにしなければならないかも・・・





・・・ん?






イメージ 7

なんだ、これ








●拡大してみると・・・
イメージ 8

あっ、これはもしや・・・







●太陽光発電所!
イメージ 9

すごいな、まるでガンダムの「ソーラレイ」(だっけ?)じゃないか







イメージ 10

調べてみたら、モロッコのワルザザート付近では世界最大の太陽光発電プロジェクトが進んでいて、

モロッコ全土のエネルギーを賄った上、諸外国に「売電」する規模の発電所が建設されているらしい。

中国資本のプロジェクトだという。

モロッコの日照量は日本の倍に達するほどで、非常に高効率で太陽光発電が出来るのだとか。

ちなみに、同様のプラントは僕が立ち寄るスペインのアンダルシア地方にもあるという。

フフ、どうやら、今回のロマンポタの旅路、昨年に続いて雨の心配は無さそうだな

そして、古の集落より、「珍スポ」的な太陽光発電所に行ってみたい気もする(キョリ同じくらいだし)。

どっちも回れればいいんだけど、僕の足じゃ無理だしな。困った



まあ、いいや。

とりあえず、これでロマンポタの段取りはひと段落。

あとは「荷物の詰め方」や「養生の方法」を研究するくらいだな。

よかったよかった






↓記事、『ひまつぶし程度にはなった』ら、ぜひ、ポチお願いします


↑『ひまつぶしにすらならなかった』のであれば、結構です・・・