●2021年某月某日(某曜日)14:00
MAP

僕は紀伊半島熊野市のホームセンターでBROMPTONくんのハンドル調整をようやく終えた

ここまでの平均速度はましゃかの8km/h!

午後2時を過ぎて本日の投宿地・串本まで残り90km・・・

ここまで楽しかったけど、マジで疲れたな。

もう、打ち切りでいいんじゃね?














僕たちの旅はこれからだ!

長い間
応援ありがとうございました!







大名古屋発BROMPTON旅日記
完





















【新番組】


GOGO \(^o^)/!
僕らのブロンプトン旅!

フロム グレーター758





















愛と移り気の紀伊半島ポタ(*v.v)。。・2021春
【5】2日目後半
(紀州路)

2021.某月某日~某日










●・・・ブログタイトルは変わりません(*v.v)。。
DSC03522

熊野に着いたら道がマジで平坦になった

ラクに紀伊半島をポタ旅したい方は「熊野市から先」で走るといいかも!







●Pハンドルの下グリップを握り、加速してゆく
DSC03525

予報「追い風」。現実「今日も向かい風」

でも、23km/h巡航は可能。

遅れを挽回すべく、突き進む







●14:35
DSC03529

おや、大きなウミガメのオブジェ・・・

気になる。







DSC03530

建物前のハコで何か動いているぞ。






●あっ
DSC03532

手のひらサイズのカメ

ここはカメセンターらしい。

見学していこう!






●ウミガメ資料館「ウミガメハウス」(紀宝町)
DSC03534

大小のプールがあり、ウミガメがいるようだ

個人的に気に入ったのは・・・







DSC03539

初めて名前を知ったクロウミガメ

アカウミガメやアオウミガメと比べて、小型でかわいい。

(単に「こども」なだけかも)

主な生息域は太平洋東部熱帯地域で、日本近海で見つかるのはとても珍しい。

アカウミガメの亜種とする説が主流。

2021年2月24日、地元漁師の山本さんから連絡を受けて保護、飼育されているという。








●ニホンイシガメ
DSC03545

地球上で日本にしか生息していない固有種のカメ。

黄土色の甲羅と爬虫類らしい四肢が渋くてかっこいい。

昔はどこにでもいるカメだったが、生息域である河川、田園の護岸工事や外来種による捕食、交雑によって個体数が減少している。







●白いスッポン
DSC03547

「月とすっぽん」が成り立たないくらい美しいこのカメは「シナスッポン」という。

通常は深緑色や茶色をしているが、この個体は黒色色素を生まれつき持っていない「アルビノ」という遺伝的な特徴があるため、血管が透けて見えるほど白い体をしている。







●ウツボ
DSC03543

一般的には食用とされない魚類。

でも、紀伊半島ではウツボ漁も行われており、美味しく味わえる。

しかし、海釣りとかやってて、これがかかって来たらショックだろうな








・・・「ウツボ」の解説のみ僕のオリジナル、他は「ウミガメハウス」案内板のもろパクリだ。

わずかばかりの滞在だったが、なかなか楽しめた








●15:09、紀伊國・新宮市に到達!
DSC03565

ここから先しばらくの道は、一度走った事があるぞ








DSC03578

「なつかしい!」

5年前(2016年12月)の「紀伊國BROMPTON camp」で立ち寄ったスーパー!

あの時は新宮駅で「特急ワイドビュー南紀」を降りて、Travoyトレーラーを引っ張りながら「適当な野営地」を探したんだっけ!








DSC03579

あの時、キャンプ適地はなかなか見つけられなかった。

クソ重いトレーラー付きのクソ重いBROMPTONを引いて砂浜に飛び込んだり、拷問のような旅だった・・・(*v.v)。。










DSC03595

ああ、このトンネル通ったな・・・

クルマ用のトンネルではなく・・・









DSC03602

こちらの安全な人馬用のトンネルを










DSC03607

見覚えある懐かしい景色を愛でながら・・・








●16:39、太地町に到達!
DSC03624

人口2,995人(2021.03月現在)、古式クジラ漁発祥の地として有名な町。

5年前のキャンプポタでの野営地でもある。

たしか同じ時間帯に走ったハズだけど、12月という事もあってもう日没ギリギリだった。

しかも重い荷物を引っ張ってきたダメージで脚が限界だった。

そこで、この先の交差点で左折。あのクジラの看板の下を通り、野営地を探しに海辺へ向かったのだった。。。







●今日ハ直進ス(*v.v)。。
DSC03640

再び、我がゆく手が未知のルートに








DSC03641

右手に奇岩









DSC03659

左手には引き潮の磯辺

夕景にかわりゆく道をBROMPTONくんとともに南下、串本町に到達!









●終幕へ向かう日差しの中、古座川を越える
DSC03668

眩しすぎて明日が見えない(意味不明)









●・・・風が強い
DSC03673

なぜ、いつも終盤にこうなる








●帆船がいた
DSC03674

日本丸かしら








●ふしぎなカタチの巨大岩群と人々の群れも見えてきた
DSC03677

近くに行ってみたいけど、もう、脚が・・・










●ホテルどこ〜???
DSC03685

あ、あしが攣っちゃう





そして・・・






●18:28、投宿先「ホテルシーカンス」に到着
DSC03700

尾鷲からのキョリは135kmを記録した。

序盤1/3までの過酷なアップダウンと終盤の向かい風がマジで堪えた

そして、到着したホテルに覚える一抹の不安。











●宿代、素泊まり12,000円なんだけどな・・・
DSC03690

いつもよりお高めなのでちょっと期待してたんだけど、本当にここでいいのか・・・








●ガク―ッ
DSC03694

・カード払い不可

・ラウンジどころかcafeコーナー無し

・ランドリールーム無し

・自販機貧弱

・エレベーターおそい

・ルームエアコンに冷房無し(夏はどうなるの??)

・眺望劣悪(僕の部屋は)

・・・etc

びっくりするほど割に合わない部屋

じゃらんで予約する時、このホテルの他は1泊28,000円の高級宿しか無かったんだよな。

貧乏人の僕には選択の余地が無かった。

ってか、ホテルっていうより事務所転用のアパートみたい。大学時代の友達の部屋にそっくりだ。








でもまあ、お湯が出るだけマシか・・・


シャワーを浴びながら、たった一度だけ泊まった事がある「お湯が出ないホテル」を思い出す。

それは海外のハナシではなく、秋葉原のビジネスホテル。

会社が手配してくれた部屋でシャワーを浴びようとして冷水しか出ないのにはホント驚いた。

以来、総務に宿泊手配を依頼する際は「経費削減も結構ですが、せめてお湯が出るホテルにしてくださいよ!」というのが僕のお約束(*v.v)。。










DSC03698

町内のドラッグストアで購入していた湿布をふくらはぎやらももやらに張り付ける。

脚がスーッとしてくるのを感じつつ、大きくため息をついた。

いつもなら、ホテル到着直後にランドリールームにぶち込んでいるけど、今日はコインランドリーも探しにいかなくっちゃな。

晩ごはん食べたあとでいいかな・・・。。。。

しかし、ショボーンとしてても仕方ない!

町あるき用の服に着替えて、晩ごはんを食べてこよう









●たまには「魚」以外のものも食べてみよう
DSC03702

「お好み焼き」を食べたい気分だったんだよね。

通りで見つけたこのお店にしよう!







●接客などに「流れ作業感」を感じるお店だった
DSC03703

まあ、チェーン店っぽいし気にしても仕方なかろう。

メニューが豊富で選ぶのに苦労するが、最終的には「イカのお好み焼き」を注文することに。








●まずはウーロンハイでソロ乾杯!
DSC03707

今日走ってきたルートはきつかったけど楽しかった

ゴキュゴキュゴキュゴキュゴキュ・・・・><。





アヒィ、美味い>▽<!











●イカの塩辛、冷ややっこを頂く・・・(*v.v)。。
DSC03709

・・・あれ?



・・・



・・・



・・・???










なんだ、この違和感

前にも一度感じたことがあるような・・・

・・・気のせいか・・・??










●シーザーサラダを頂く(*v.v)。。
DSC03712

お客自らベーコンを鉄板で焼いてサラダに載せ、この上にシーザードレッシングをかけて味わうわけだが・・・


・・・



・・・



・・・うーん。。。




やっぱりそうだ、「味がしない」。



・・・というか美味しくない。




昨年(2020年)9月「鳥取まで行けるかポタ」で栗東に投宿した時、居酒屋チェーンで感じた現象と同じっぽい- -;

僕にとって、旅先のチェーン店は鬼門か?







●「メイン」を頂いて判断することにしよう
DSC03715

お好み焼きの具材が流れ作業的に運ばれてきた。








DSC03717

イカがぶつ切りにされないで出てくるとは思ってなかった。

これ、上手に焼く自信ないなあ・・・。







●「軽くかき混ぜて鉄板に載せる」
DSC03718

うーん、この時点でひっくり返す時の崩壊が確定している様な。










DSC03721

このサイズのイカを載せることで、崩壊がより確定的に・・・。










DSC03723

ほーら、崩れた








DSC03726

ひっくり返す度に細かく崩れていき・・・










DSC03727

最高にカッコ悪い焼き姿に









DSC03728

見た目にもマズそうな状態。

この後、イカスミを載せると・・・









●おおっ
DSC03729

お化粧で美味しそうな姿に









●切り分けて頂く(*v.v)。。
DSC03730


マズッ!









●・・・不味かったのは僕の腕のせいだろう
DSC03739

コンビニで買い物をして、しょぼぼーんとしてホテルに戻る。









●日中までは良かったのに、串本到着後の流れがよくない・・・
DSC03741

2泊3日の今回の旅。

最終日の明日は、午前中に串本周辺を適当に走り、午後一番で帰路に着こうと思っていた。

しかし、今宵の意気消沈がでかすぎる。

このままその旅程を辿っても、「失敗」「残念な旅だった」の記憶しか残らなそうに感じた。








●・・・串本でもう一泊してみる(*v.v)。。?
DSC03744

コンビニで購入したサバを頂きながら、そんな考えが浮かんだ。

しかし、この町を愉しむための情報が僕には不足している。








●そこで、ブロンプトンマイスターの探検記録を研究
DSC03750

なるほど・・・!

串本周辺には「本州最南端の潮岬(シオノミサキ)」や「紀伊大島」や「串本水中公園」など色々な見どころがあるらしい!

明日の天気を調べると、夕方から雨予報のものの日中は快晴だ。

「これなら滞在を1日延長して思いっきり愉しむのもアリだ!」





すぐさま宿を検索、絶好の場所にいい感じの宿があって空室があるのも確認

結論、僕は串本滞在を1日延ばし、この周辺を存分に探索してから帰る事にしたのだった。






(つづく)



<ヒマつぶしにはなったよ!と思われたら、ぜひ、ポチお願いします!>