●この記事は一連の「後輪タイヤ交換シリーズ」の続編である
Screenshot_20210426-234504


もともとは固くて硬くて難しいBROMPTONのタイヤを簡単にはめる方法をご紹介したもの。






その記事において・・・

Screenshot_20210426-234520b

やった事無いであろう人からこんなツッコミも頂いたり、自分自身「ホントに効果あるんだろうか?」という疑問もあったので、その後検証も行って「間違いなくラクにタイヤ交換できること」を実証した

ただ、よくよく考えてみると「作業が上手な人や力の強い人には全く不要な技術」なのも事実。








●なので、このワザは「BROMPTONのタイヤをフツーに交換できない人の秘技」としたい

l064

さて、僕でも自宅で後輪タイヤ交換できることを実証したのはいいけれど、実際にパンクが発生するのは「旅の空の下」だ。果たして僕は、旅の途中で後輪の脱着作業ができるのだろうか

たまたま、BROMPTONくんの後輪タイヤがやばい状況だったので、試してみることにした。








●「限界」まですり減ったBROMPTONくんのタイヤ
DSC07265

「自転車」というものを少しでも知っている人なら、この状態になる前に交換する様に思う。

一方、タイヤチェックを殆どしない僕はパンクしてから極限状態だったタイヤに気づくことも少なくない。

この辺りが、僕のだらしなさといえよう。






●交換するタイヤ・シュワルベマラソン
DSC07264

僕の旅で交換用のタイヤを持ち歩く事は絶対に無いが、今日はこれを履き替える作業をしてみる。








DSC07266

まずはタイヤの空気をぬく。








DSC07267

ペシャンコになったこの時点で・・・






●車体をひっくり返さないといけないことに気づく
DSC07268

旅の最中は作業台が無いもんね。

腰が痛いときなら大仕事だが、そうでない時であればどうという作業ではない。

ただ、ハンドルパーツ養生のタオルなどが必要である事を知る

この後はいつもの分解。

記憶した手順のとおり、てきぱきと解体する。





●変速機のパーツを外す
DSC07272

オスネジに錆が浮いてきていた。

こういうパーツにも普段から「ラスペネ」をかけておけばよかったようだ。






DSC07276

チェーンのついたパーツをひねって抜く。






DSC07278

そのパーツが抜けた後のナットを外す。

使用するレンチは15インチ。








DSC07279

特殊なナットとその奥のワッシャーが外れる。

順番が判る様に並べておく。






DSC07280

反対側に回り、スタンドを固定しているナットを外す。







DSC07282

ナットと、そのナットで固定されていたスタンドが外れる。

※スタンドの種類によってはこの作業前にドロヨケのステー(支柱)を外す必要がある。その作業の必要ツールは「8インチスパナ2本」だ。










DSC07283

スタンドの下に隠れていた特殊な形状のパーツが露出する。







DSC07284

外す。

これは後輪の車軸の左側を保持しているパーツ。







DSC07285

外れるとこの様な状態になるが、反対側で車軸が固定されており、車輪はまだ外れない。

それにしても、やはり少しサビが目立ってきた

後日、しっかりメンテすることにしよう。







DSC07288

反対側に戻り、外装変速機のバネを思いっきり握りしめる様にして抜き取る。

変速機には強烈なバネが入っていてチェーンから不用意に外すと撥ね飛んでケガをする危険がある。





DSC07289

外れた外装変速機のパーツ。

このパーツの危険性を教えて下さったのはBROMPTONキャンプの先駆者・BIG師のブログだった。

感謝(*v.v)。。









DSC07290

変速機の下に隠れていたナットを回す。







DSC07291

ナットが外れると、車軸保持のパーツが露出する。






DSC07292

保持パーツを外すことで車軸を外せる状態になった。







DSC07293

車輪が外れた状態。

初めて逆さまにして車輪を外して「チェーンがフレームに乗っかる状態」になる事を知った。

せっかくガラスコーティングしたのに、チェーンの油がフレームに着いちゃったね

頻繁にこの状態にはしたくないな。







DSC07294

次は、見事なまでにすり減ったタイヤを外す作業。






●タイヤレバーの向きを確認
DSC07296

矢印側の面がタイヤ側(ゴム側)となる様に差し込む。










DSC07297

バルブの近くに差し込んで・・・






DSC07298

レバーをリム側(金属側)の方に倒して、スポーク(金属製の骨)に固定する。

タイヤが硬い事もままあり、レバーが折れるんじゃないかと思う事もあるが、とにかく思いっきり力をかけるしかない。

気温が高くない状態(25℃以下)では、ゴムが硬くて僕の力ではこの作業がなかなか進まないケースも出てくる。気温30度近い今日は容易。








DSC07300

次に、少し離れたところに2本目を差し込み、同じ様に下方向にめくったら・・・







DSC07301

レバーをスライドさせて、タイヤを外していく。

夏であれば、普通のタイヤならそれほど苦しむ作業ではないと思う。

前回、春に交換した時はゴムが硬くてレバーを2本目のレバーではこれができず、3本目でスライドさせて外したのだった。






●タイヤが外れ、チューブが出てきた
DSC07302

プロの仕事とみられるパンク修理の後。

実は、前回、自分でやったパンク修理が大失敗で、走行中に再パンクしてしまったのだ

これはその時、自転車屋さんに直してもらったもの。

ただ、チューブ自体の劣化が見られるので交換することにした。








●新しいチューブをリムにつけてみる
DSC07306

リムよりも随分余裕があり、だぶついた感じ。







DSC07307

これに、新品のタイヤをかぶそうとしてみる。

余ったチューブがなかなかタイヤの中におさまらず、少しうざい感じ。






DSC07308

ただ、一応、タイヤの中に納まってくれた。

以前、この状態にするのに手こずったのだが、どういうわけか手早く進む。

ただ、やはり僕にはタイヤレバーだけでさっさとタイヤをハメる事が出来なかったので・・・






●今回もポンプを使ってタイヤをハメることにする
DSC07309

「旅設定」でフロアポンプが使えないので、純正ポンプを使う。





DSC07310

空気を入れる。

この前、みかんくん用に買ったパナレーサーのポンプほどではないが、これもよくできたポンプと思う。







DSC07311

新品チューブのだぶついた部分も問題なく膨らんで、硬いタイヤを押し拡げている。







DSC07312

空気が多過ぎたので、少し抜いて調整して・・・






DSC07315

タイヤレバーをこの向き、この方向で、タイヤとリムの間に差し込む。






DSC07313

差し込んだら、レバーをぐっと持ち上げてタイヤをハメる。

今日、タイヤはとても柔らかい。

寒い日なら、こんな簡単にはいかない筈だ。







DSC07316

1本目の右側、少し離れたところに2本目を入れて、同様にめくりあげる。

これで、タイヤの一部がリムにハマる。






DSC07317

2本目のレバーをそのままぐるーっと回す。

すると、タイヤがどんどんリムにハマっていく。






DSC07318

やがて1本目のレバーの左側にやってくる。








DSC07322

2本目のレバーのスライドがしづらくなってきたら、3本目を1本目・2本目の間に差し込む。







DSC07323

3本目をめくりあげると同時に、タイヤがすべてリムの間にハマる

これで片側のタイヤハメが完了!






DSC07331

反対側はもっと簡単にハマる。

あっさり、タイヤの付け替え完了




●取り外しの逆さまの手順で後輪タイヤを取り付ける
DSC07332








DSC07337

純正ポンプで空気を充填。






DSC07338

問題なくパンパンに







DSC07344

バルブキャップをハメて・・・





●作業完了
DSC07348

全く自己流のこの作業(空気ポンプ使用のタイヤ交換)もだいぶ手慣れてきた。

暖かい時期であれば、旅のさなかに後輪パンクしても10分くらいでチューブ交換できそう。

まあ、空気ポンプなしで作業できる様になるのが一番いいんだろうけど、ポンプの力借りた方が、結局、僕の作業は早そうだしね。









DSC07347

『次は真冬に検証してみようかな

殆どの人がタイヤ交換を諦めそうな状況・・・気温0度くらいの環境下だったらどうなるか、興味ある。その時、空気ポンプ活用であっさりタイヤ交換できる様なら、この技術は「フツーにタイヤ交換できる人」にも価値があるものになりそうだ。






そういうふうに考えられるレベルになった今思うに・・・

Screenshot_20210426-234520b

↑ 割とありがたいコメントだったと思う(笑)





<使用したものまとめ>

1)15インチレンチ✕1

2)タイヤレバー✕3

3)交換用タイヤチューブ✕1

4)純正ポンプ

5)軍手

6)交換用タイヤ※

★8mmレンチ✕2

※6は僕の旅では基本的に持ち歩いていない。

★はスタンドの種類によって必要になる工具。ミノウラのBROMPTON用スタンドを使っている場合などは「必要」。例:みかんくん。





(おしまい)




<ヒマつぶしにはなったよ!と思われたら、ぜひ、ポチお願いします!>