●9年ぶり2回目のグアム島・・・(*v.v)
イメージ 1

中部国際空港から飛行機で約4時間。

相変わらず大混雑(1時間超かかる)のイミグレ含めても、新幹線で実家に帰るより早く着いちゃう南国の島。

ねっとりとしつこく肌にまとわりつく熱風は、まるで名古屋。

ラーメン、うどん、そば、餃子、天ぷら、街なかの看板にあふれ、そして普通に食べられる日本食。

公用語であるかの様に通じる日本語。

異国情緒はほとんど無いけれど・・・
























●リゾート感はかなり楽しめた
イメージ 2

どこの海外リゾートに出かけるとしても、僕は個人旅行で4つ星や5つ星のホテルに泊まら(れ)ないだろう。

そんな僕が割と高級な宿に躊躇なく泊まれるのは、会社のインセンティブ旅行ならでは。

そして、今回の旅行は全ての日程がマジで自由(夕食だけは会社が準備してくれる)

会社の慰安旅行で本当に慰安してもらったのは入社18年目にして初めてですわよ。

旅行中は色々楽しい事もあった。

しかし、このブログはあくまでポタブログ(*v.v)。。

ポタに関係する事だけ、テンポよく抜粋して書き残そう。





















【旅×輪】

グアムポタリング篇 
  with MY BROMPTON 
  コンビニ大阪’s GIANT BIKE




















●そのバイクは『コンビニ大阪』でレンタルしたもの
イメージ 3

BROMPTONはスーツケースに入らなかったので今回の旅ではお留守番。

インターネット検索で近場のレンタサイクルを探したところ、この店がHITした。

前の晩、夕食を食べに行く際、トロリーバスから見えて『気になった』店ではあった。

投宿先・アウトリガーのリゾート感を霧散させるのに十分な雰囲気の店であるが、

僕は街や店の雰囲気は欧米っぽい整ったものより、アジアっぽいがさつでカオスで猥雑なモノの方が好みだ。

KOU:「ごめんくださぁい
























●店の人は関西弁が達者な韓国人だった。先祖は日本人らしい・・・笑
イメージ 4

とにかく、おばちゃんは日本語が完全に通じるので英語を話せない人はここで借りればいいと思う。

レンタル契約に損害保険がついていない事や、鍵代がデポジットである事など日本語で説明してくれる。

商売上手で手ごわいが、勧められるサンドイッチや飲み物は日本語対応の手間賃くらいに思えばよかろう。

レンタサイクルの車種はMTBのみらしい。5時間(半日扱い)のレンタル料は1,000円。
























●ヘルメットと鍵(チェーン+南京錠)は1,000円預けて借りる事となり、返却すると返金してもらえる
イメージ 5

映画『バイオハザード5 リトリビュージョン』の初っ端、

渋谷駅前(撮影地:ハリウッドのセット)に駐輪された自転車にこんな鍵がついていたのを思い出した。

主人公アリス役のミラ・ジョヴォヴィッチがこれを振り回して雑魚ゾンビをボッコボコにするんだけど、

こんなので攻撃されたら僕もフツーに殺されると思う。即死するかも知れない。

























イメージ 6

ホテル街の道はまあまあ、それ以外の道は基本凸凹。

BROMPTONで走っていたら、転倒したり自転車破損していたりしたかも知れない。

絵的には物足りないものの、結果的には大正解だったMTBレンタル。





















●走行ルート
イメージ 7

この日、僕が走ったルートは約20km。

参考にしたブログには『グアムは坂道が多くて自転車は辛い』『特に女性には難しそう』とか書いてあったけど、

『わざわざ激坂に挑む様なへたくそなコース取り』しなけりゃ、標準体重の人なら男女とも全く問題ないと思う。

例えば、上の地図の様なルートであれば、急な上り坂は無い。

復路のJFK high school前を左折せず、しばらく直進した後で左折すれば、

OUTRIGEER GUAM BEACH RESORT等のホテル群の先にある『急な上り(短いけど)』を回避して

その少し先にあるGUN BEACHを経由するコースも作れる。























●ヒルトン近くのパブリックなビーチ
イメージ 8

OUTRIGGERやHILTON、その他各ホテルのプライベートビーチの狭間にパブリックなビーチがあった。

リゾートホテルに泊まっている以上、ポタリングでもしない限りこういう場所に立ち寄る事もないと思う。

体重130kgぐらいはありそうなじいさんとばあさんが、コンクリ製のベンチに座ってのんびりと海を見ている。

きっと、リゾートホテル群が出来る前からのんびり海を眺めていた人たちなんだろうなあ、なんて思う。

グアムに昔から住んでいる人は『チャモロ人』と呼ばれる人らしい。

























●GUN BEACHの方向を眺む
イメージ 9

GUN BEACH。

WWIIで日本軍が設置した大砲が残る浜。

9年前の来訪時、後輩たちと一緒に歩いた浜。あの時も社員旅行だったが、今回とはまるで違ったっけ。

あの時は何から何まで雁字搦め、『押しつけの感動+会社や企画者への感謝』を要求されるという、

僕の性格上、一番嫌いなタイプのクソイベントだった- -; 仕切る責任者の性格が出るなァと感じたものだ。

あんなの、社長は望んでなかったろう。

ホント嫌すぎたから、後輩たちを連れ出してTAXIで島を回ったっけ。

会社のルール破った事がバレて問題になったとしても、責任取って馘でいいやと思ったっけな。

























●あの時、『バレて馘にならなくて本当によかった』と心から思ってはいる
イメージ 10

観光地じゃない素のエリアに入ると、少し楽しくなってしまう自分がいる。

何かにつけて、僕は『演出』されているモノがとにかく好きじゃないんだよな~。

ドラマでも、ドキュメンタリーでも、演出が『過剰』と感じると、すぐに萎える

民放のドラマよりもNHKのドラマの方が(演出がシンプルで)好きだったりする。絶対、広告屋に向いてない。

人を煽るのが得意な人の方が、広告屋として間違いなく優秀だし、

例えその人が人としてどれだけ下衆(ゲス)でも、人間社会の中で価値が高いというのは、

アホな僕にでもわかる道理だ。

























●こんな、『何にもない区画を走って何が楽しいのか?』と問われると困るが・・・
イメージ 11

『なんか楽しい』から仕方ないじゃない

どうせ、僕はマイノリティですよ。




























●サーッと雨が降ってきた
イメージ 12

グアムは10月まで雨季だという。

ここ2日間は快晴だったが、ポタリングしたこの日はスコールまじりの雨が度々降った。

民家の軒下を借りて雨宿りする僕を、現地の女の子が不思議そうに眺めつつずぶ濡れで走っていく。

こっちの人にしてみれば、シャワーみたいなものかしら・・・























●雨はすぐに上がるも、快晴とまではいかない
イメージ 13

残念ながら、前日・前々日の様な快晴の空・ブルーの海を背景にしたポタ写真は撮れそうにない。

ただ、それよりも、僕は、自分が走るこの景色に既視感を感じていた。

この道、9年前に後輩たちと一緒にTAXIで走った道じゃなかったろうか?


























●あの時はTAXIの運ちゃんに任せて適当に走っただけで、どこに行ったのか場所も判らんかった
イメージ 14

今回のホテルとは全く別の、山の方にあるレオパレスリゾートホテルからの移動だったし、

何の確証もないけど、なんか、ここに来たような・・・

そういえば、あの時、何か偉人の様な像を見たような気がしたな・・・





ん?























イメージ 15

あっ





















































イメージ 16

このマリーナも見覚えが・・・

























イメージ 17


























イメージ 18

この浜辺も・・・






















イメージ 19

























●意外とmemorizedしているもんだ
イメージ 20

そういえば、後輩たちとたまに会って話す時、この『外出』が話題になる事もあるっけ。

みんなも、意外と覚えていたりするんだよな。

僕なんか、今日の朝ごはんも覚えてないのにな~!























●BROMPTON乗りの女の子を見かけた
イメージ 21

多分、東洋人の女の子だ。

インスタグラムを見る限り、BROMPTONは日本以上に韓国で人気の様なので、韓国の人かも知れない。

韓国語は『アニョハセヨ』としかわからんので会話は成立しない可能性が高いが、

BROMPTONがあればどこの国の人ともコミュニケーション出来そうな気がするのが不思議だ。

My BROMPTONを持ってきていたら追っかけて話しかけていたと思う。

翻して言えば、持ってきてなかったので追っかける気にもならなかった。

























●旅をして、『記憶』を作っていくのは素敵な事だと思う
イメージ 22

それは、旅、だけじゃなくて日常でもそうだろうか。

僕などは、名古屋の生活もいまだに『旅の一部』に感じたりするから、余計にそう思うのかも知れない。

齢を重ねるごとに好奇心や感受性の鋭さは失われていくのかも知れないけれど、

失われていく何かを補える様な部分に厚みを持たせていく事で、記憶も人間関係もあったかいものにする事は

十分に可能なんじゃないかなあ、なんて、旅を振り返って思ったりする。




僕は、今の生活や人間関係に、結構満足したり希望を感じているのかも知れないな