大名古屋発BROMPTON旅日記♪

カテゴリ: BROMPTON旅(Japan)

●2020年6月21日(日)14:16BROMPTONくんと僕は御前崎(オマエザキ)の駐車場でへとへとになっていた浜名湖から約75km、強烈な向かい風に逆らって立ち寄り地に到着したのはいいが・・・「期待していたような魚料理の店は無いのか・・・」どこに行っても大差ないようなcafeだらけ…
>>続きを読む

●2020年6月21日(日)06:10ムニャ・・・ベッドから身を起こすと、窓のシャッターの隙間からまばゆい光が差し込んでいる。今の時期の6時って真昼の様に明るいのか!僕も毎朝6時に起床しているのだが、カーテン開けないままバスルームに行ってシャワー浴びるクセがついていて…
>>続きを読む

●2020年6月20日(土)11:20尾張国名古屋市から駿河国静岡市に向かうポタの道中、立ち寄った三河国蒲郡市の「竹島水族館」は予想外の大混雑だったコロナ対策で入場規制しているらしく、入場できるまで1時間近くらいはかかりそうだ。●せっかく「観光」しようと思っていたの…
>>続きを読む

●2020年6月20日(土)05:22「さあ行こう、BROMPTONくん」前回、琵琶湖への往復計240km級ポタ旅を楽勝でクリアした僕は、次なるポタ旅に出かけた。●今回のポタの最終目的地は駿河国・静岡駅ちょうど06:00、名古屋市南区を貫く大動脈・国道1号線をゆく。この時間であればご覧…
>>続きを読む

★今回の記事の中には1枚だけ時系列的におかしい写真が入っています。ヒマだったら、見つけてみよう!(答え合わせは記事の最後に!)●真冬の北海道・オホーツクをポタ旅捜査して早3日・・・●遠軽駅で無理にストーリーをこじつけた無事に犯人をタイホした僕は●列車に揺ら…
>>続きを読む

(5)「遠軽・愛と裏切りのオホーツク(前)」 篇 こうして僕は難事件を一気に解決した。ちなみに、道中の捜査経費・追加朝食代 1,300円(たしか)・バス代 中湧別小学校→遠軽 580円●予告雄大な北海道の景色の中、ひたすら鉄道で移動するKOU!鉄ちゃんでもない僕にと…
>>続きを読む

(4)「紋別・真冬のオホーツクに消ゆ(後)」 篇 事件は迷宮入りの予感を漂わせつつあるが、旅の様な捜査が出来れば良い様な気もする。十津川警部だって旅ばかりしているし。ちなみに、道中の捜査経費・バス代 枝幸BT→雄武BT 1,260円・バス代 雄武BT→南ヶ丘4丁目 1,…
>>続きを読む

(3)「稚内・真冬のオホーツクに消ゆ(前)」 篇●ハッ朝か・・・カーテンをあけると、窓の外は吹雪だった。時刻は7時前。昨晩遅かった為か、いつもより目が覚めるのが遅かったらしい。●ローカルニュースのトップは新型コロナではなく「寒波」だった現在の観測方式では史…
>>続きを読む

(2)「旭川・北街角とBROMPTONくん」 篇 ●駅から出ると、さすがに少し寒かったマイナス13度くらいになると、今日のウェアでは無風でも少し冷える。明朝以降はウェアに裏地つけて極寒装備にしよう。列車の中でニュースで見たところでは、50年ぶりの大寒波が来てるのだとか…
>>続きを読む

●北海道・・・(*v.v)。。2017の夏、会社研修に参加する為に渡ったっけ・・・あの時は寝坊して、自腹で飛ぶ羽目になった。その前は大昔の中学校の修学旅行、あとは桃鉄くらいでしか行ったことがない。その北海道へ、ポタ旅の最中に突然出かけたくなった理由は・・・●正月休…
>>続きを読む

●2020年1月3日 13:28うなぎパワーを補給した僕は「かんざんじおんせんのまち」を出発したあとは湖を半周して舞阪駅に戻るだけ。キョリにして50km足らずといったところか。このあたりの湖の景色はのんびりとしてるねえ(´ε`)~♪●パシャッ!いいね、Z-BROMPTON(ゼータブロンフ…
>>続きを読む

●2020年1月3日 6:38僕は三河国豊橋市ホテルサンルートのカフェコーナーにいた。昨日は大浴場で汗を流したのち、ぐっすりと眠る事が出来て気持ち良かった久々のポタ(渥美半島約45km)で心地よい疲労感があったのも良かったのだろう。●あさごはん、いただきます「無料」なの…
>>続きを読む

●2020年1月2日 11:24「近場だし、そんな大した感慨もあるまい」・・・と思って出かけた新春ポタだが、昨年9月のロマン探求ポタ以来3か月ぶり以上のポタという事もあり、殊の外気持ち良い鼻歌をうたいながら渥美半島の自転車道を北進していると・・・●あれ?通行止め?ここ…
>>続きを読む

●2020年元旦僕はほとんど死んだようにお正月休みを送っていた。28日から冬休みに入って既に5日。本当なら岩手の実家にとっくに帰っていて親孝行したり、弟家族の甥っ子姪っ子と遊んでお年玉あげたりしているハズだったのだが。。。10月末からの圧倒的な残業量、ほぼ休みなく…
>>続きを読む

●この旅で5つ目の小島・下地島へと入ってゆく 隣の伊良部島との間には「ちょっとした川」にしか見えない幅10~20m程度の水路があるだけ。 そういえば、途中、確かに小さな橋を渡って移動したが、あれで隣の「島に入った」という感じはなかった。 ●ただ、周囲の…
>>続きを読む

●2019年2月16日11:55 時おり雨がぱらつく中で宮古島一周ルートを走る僕は、東平安名岬を目指し高台地帯に入らんとしていた。 『俺さんは「平坦」と言い切っていたが、やっぱ、結構アップダウンあるよな・・・』 ●まあ、いいや~♪ 琉球式の墓地が海に面して立…
>>続きを読む

●「・・・」 2019年2月16日(土) 07:00 僕は宮古島の空を覆いつくす雲と、しっとりと濡れた家々の屋根を眺めていた。 『・・・でも、降ってないんだよな』 そういえば、1泊4,500円にもかかわらず「ミニモーニングサービス」がついているんだっけ。 まずは、食堂に行っ…
>>続きを読む

●出発前夜(2月13日(木))も帰りは遅かった 12月1日から2月半ばまで、ほとんど休みらしい休みが無い日々が続いていた。 次年度のプロジェクトの仕込みと、当年度のプロジェクトの決算が集中して押し寄せてくる時期。 多数のPJの並行処理はなかなかキツく、好きなシゴトで…
>>続きを読む

●22里(約88km)の木曽路十一宿踏破の旅の最終盤。僕は三留野宿(みどのじゅく)にいた 「サンショップイシカワ」で昼ご飯のお弁当を買って、馬籠峠のあたりで頂くことにするか このお店の入口にも郷土力士・御嶽海の初優勝を讃える張り紙が ほほえましい …
>>続きを読む

●2018年11月3日 8時10分、僕は・・・ 会社のチームメンバーがプレゼントしてくれた輪行袋に包まれたBROMPTONくんとともに、名古屋駅にいた。 この袋、海外ポタの時はもったいなくて使わなかったものだ。 今回、ポタ旅に向かうは・・・ ●木曽路ッッ!! ※写…
>>続きを読む