大名古屋発BROMPTON旅日記♪

2018年10月

㉔ (ルーマニア)寝台特急ユーロナイトでルーマニア入国 篇 ●2018年9月20日21:59(ハンガリー現地時間) 寝台特急ユーロナイト・ブカレストノルド行きに乗車する僕は、Ketegyhaza駅ホームを眺めていた ハンガリー第三共和国の駅も、残すはあと一つ。 ここか…
>>続きを読む

『旅情』を感じた駅は、浪漫ポタ2017の大連駅や哈爾浜駅以来。 そういや、初めて名古屋に来た10年前、近鉄名古屋駅の『阿倍野橋』『宇治山田』なんて表示に旅情感じてた。 今はもう、日本国内どこ行っても鉄道に旅情を感じる事は無くなっちゃったな。。。 加齢…
>>続きを読む

●2018年9月20日 17:40(ハンガリー現地時間) 僕はハンガリーのブダペストケレティ駅前にいた。 ●リージョンマップ ブダペストでまともに訪問した場所は『自転車店だけ』というヘンテコな行程となったが、 もともと、この街を訪問した理由が『国際寝台特…
>>続きを読む

●2018年9月20日14:30(ハンガリー現地時間) 僕は長いパンタグラフを伸ばしたトロリーバスを眺めながら、ゴキブリを思い出していた ●リージョンマップ ハンガリーの首都・ブダペストに到着してからまだ1時間30分ほどだが、 数時間後には最終決戦地・トラン…
>>続きを読む

●KOU:「BROMPTONさん、ただいま~・・・・・・・・・・・・・・」 ・・・部屋の中に、BROMPTONさんの姿は見当たらなかった。 KOU:「・・・BROMPTONさん?」 あれ?帰ってきてないのかな? 腕のMRGが示すイスタンブール時間は17:30。 トルコの宅急便事情はよく判ら…
>>続きを読む

●2018年9月19日 14:00頃 僕はイスタンブールのブルーモスクを眺めていた 『早速、中を見学しにいこう』 ・・・この場所に来て、僕がそう思って歩き出すまでに30秒くらいしかかかっていなかったろう。 謎の男:「いい写真取れました?」 その爽やかで流…
>>続きを読む

●2018年9月19日 6:00(イスタンブール現地時間) ホテル エレファントガラタで、いつもと同じ時間に目覚まし無しでキッチリ目を覚ます テルアビブの初日から僕の体内時計は正確に機能している。なかなか大したものだ。 シャワーを浴びたり、所用をこなしたりして、7:00…
>>続きを読む

●2018年9月18日19:00頃(イスタンブール現地時間) 僕はガラタ橋1Fのレストラン通りにいた 旅も中盤に差し掛かりつつある4日目にして、初めてマトモな夕食を食べに来ている。 思えば、BROMPTONくんとのお出かけは遊び過ぎてクタクタになり、ごはん(外食)モチベが低いの…
>>続きを読む

『もしかして、BROMPTONくんさんは、自らの意思で姿を消したのではないだろうか?』 そして、長い妄想は始まった。 2018.09.18(現地時間) トルコ イスタンブール市ガラタ橋の上にて ↓記事、『ひまつぶし程度にはなった』ら、ぜひ、ポチお願いし…
>>続きを読む

●2018年9月18日15:00頃 僕はトルコ・イスタンブールの路地をトコトコ歩いていた… 世界的な観光都市なので、イスラエルとは違ってアジア人の旅行客は一般的だろうが、 わりと目立つTravoyトレーラーを引っ張っている為か、ちらちらと視線が飛んでくるのを感じる。 …
>>続きを読む

●2018年9月18日 13:00過ぎ(トルコ イスタンブール県現地時間) ザビハ・ギョクチョエン国際空港の4番ターンテーブル前。 『ひとまとめに預けた荷物が思いっきりバラバラのタイミングで流れてきた経験なんて、無いぞ』 荷物がどんどん少なくなっていくターンテーブルを…
>>続きを読む

学生時代から訪ねてみたかったアジアとヨーロッパの狭間の街・イスタンブール。 大阪都市圏1200万人をも上回る都市圏人口1400万人、ヨーロッパでもモスクワと並ぶ最大規模の都市だ。 ・・・なるほど、大阪と同じ様な、ガチャガチャとして楽しそうな出会いがありそ…
>>続きを読む

●18:15頃にエルサレム旧市街を出発 旧市街ヤッフォ門外ほど近くの現代的なショッピングストリートに迷い込み、BROMPTONくんを押し歩く。 しっかし、パレスチナってマジで東洋人少ないんだな。 いくらなんでも5~6組すれ違うだろうと思ってたのに、ベツレヘムでもエルサ…
>>続きを読む

●2018年9月17日15:00(イスラエル国現地時間) 予定より1時間30分遅れでエルサレムに向かう道を走る。 降誕教会を回れなかった分30ほど遅れ時間は回復したが、回っていたら3時間遅れくらいになって、 エルサレムを回れなくなっていたかも知れない。テルアビブでモタモタ…
>>続きを読む

長さ延べ500km超の壁で閉じ込められた側(パレスチナ側)の面は落書きだらけ。 『進撃の巨人』の壁の中の世界で暮らす人の圧迫感もリアルに体験できよう。 一方で、この壁の主目的と言われる『イスラエル国内での自爆テロ防止』は効果を発揮している模様だ。 …
>>続きを読む