大名古屋発BROMPTON旅日記♪

2017年10月

●雨が強くなってきた 探検隊は2人ともクルマに傘を置いてきていたので、逃げ込む様に岩屋に立ち入る。 KOU:「おおっ」 Y:「広い~」 予想以上に広々とした岩屋は、いくつかのスポットライトで照らされていて、なかなか雰囲気がある。 その中には朔像…
>>続きを読む

●9月のある日、YからLINEが入った Y:「そろそろ涼しくなってきたので珍スポに行きましょう」 暑い夏の間はお休みだったYの珍スポ探検がシーズンインしたらしい。 Y:「次の探検先は・・・」 KOU:「・・・ハニベ岩窟院!」 それは石川県にある有名…
>>続きを読む

●googleで『ミニベロ 旅』で検索してみる お、先日『ミニベロ キャンプ』で検索して出てきた画より、シュッとしていてスタイリッシュに見えるね 折り畳み式でないミニベロも多い。輪行ではなく、自走だけで出かけている人が多いという事かな? ●『BRO…
>>続きを読む

●2017年10月8日(日) ルートイン恵那で朝食をとり、中津川市の坂下神社に向かう。 キョリはここから20km少々といったところだが、中津川市はとにかく峠が多いエリアでしんどいので、 とりあえずクルマで運んでもらい・・・ ●9時過ぎには坂下神社…
>>続きを読む

のどかな田舎町の坂の上にあるお社に、礼服に身を包んだ町内代表者の長い列に続き、 鮮やかな『花』で飾られたお馬が静々とやってきた! これは素敵じゃないの ブログ村のカウンターにチャレンジしています! ↑ポチッと押して頂けると、励みになりま…
>>続きを読む

●ある日・・・ Kさん:「KOUさん!     KOUさんが仕事してる地区で、夜に行われる珍しい『獅子舞』があるそうですよ!」 Kさんは仕事でお世話になっている映像プロデューサーで、たまに遊びに出かけたりする間柄だ。 KOU:「獅子舞・・・?夜にやるというのはそん…
>>続きを読む

岐阜県恵那市の岩村宿に伝わる、あまり聞いた事がない『夜に催される獅子舞』を見物しに来た いやあ、楽しいし、ほっこりした 詳しくは本篇で述べるとして、夜開催の地域文化を探訪する『泊りがけの旅』は、例え近場でも結構よさそう! ブログ村のカウンタ…
>>続きを読む

●おそらくは上海のメトロポールホテルに忘れてきてしまったVOLT300 SUBARUエディション 6日間の旅から日本に戻ってくるなり、Amazonで購入。8,000円弱だったかなトホホ こういう比較的高いアイテムを『忘れて失う』とか、我ながらホントいい加減にしてほしい。 …
>>続きを読む

夜風がふわ~っと吹いてきて、たくさんの五星紅旗がゆったりとたなびいていた。 この街は10月の上旬には雪が降り、冬には氷点下20度以下の酷寒の世界と化す。 アーチの雪のオブジェも、納得だね。 ブログ村のカウンターにチャレンジしています! ↑…
>>続きを読む

●Unit 731 museumからホテルまではタクシーで移動 ここはタクシーなどなかなか通らない郊外だ。 根気強くタクシーを探して、博物館近くの食堂前で休憩中のタクシー運転手を見つけて声をかけた。 大連の小料理店『泉』のママさんが書いてくれた、『このホテルへ送ってく…
>>続きを読む

夕~夜の哈爾浜市内をグルグルと走り回る。やっぱ、旅は楽しいなあ。 この聖堂は、ドームの天井がモスクみたいにも見えるね。 そろそろ中東・イスタンブール行ってみたいけど、テロが怖いんだよな~。 ブログ村のカウンターにチャレンジしています! …
>>続きを読む

負の遺産。 何年かに一度、こういうところも探訪してみたりする。 ブログ村のカウンターにチャレンジしています! ↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします 2017.09.21 中華人民共和国 黒龍江省 哈爾浜市 Unit 73…
>>続きを読む

●今、僕は哈爾浜市の马家沟河(馬家溝川)にかかる橋の上にいる 稚内と同じ緯度だが、陽がどんどん上がってくると、それなりの陽射しになってくるな。 日焼け止めクリーム塗っとこうペタペタペタ(´ω`A)  さて、731部隊の遺構はここから20km少々南、哈爾浜市の郊外に…
>>続きを読む

●『満州事変発生日』の2日後の哈爾浜の街に漕ぎ出す もともと反日感情MAXの土地へ、反日感情MAXのタイミングで訪問か・・・(´ω`) ろくに下調べしないでくるとこういう事になるんだねえ。 とりあえず、父の遠い記憶にある『大成街』に向かいつつ、カフェで一服し…
>>続きを読む

●定刻の6:10に到着した哈爾濱は、さすがに少し寒かった 今回の様な軽装でこれるギリギリの季節だったろう。 ●哈爾浜(ハルビン)市はこんな位置にある 日本だと稚内とほぼ同緯度にあるこの街は、80年前に僕の祖父母が渡ってきて、父が生まれた…
>>続きを読む