大名古屋発BROMPTON旅日記♪

2015年08月

(スーパーマリオの地下ステージBGMイメージ) 見聞を広めるために、モスクワ中心部『赤の広場』に向かっている ロシア語の案内板に翻弄されかなり遠回りしたものの、最寄りのТеатра́льная駅に到着。 さて、地上に出てみるか・・・チュバチュバチュバ…
>>続きを読む

荘厳な雰囲気のモスクワ地下鉄駅にいる。 ここから、赤の広場の最寄りの地下鉄駅に行かなければならない。 猶予時間が2時間しかないのでそこそこドキドキしている。 旅行会社がくれた行程表の中に入っていた『モスクワマップ』により、 赤の広場の最寄り駅だけはな…
>>続きを読む

アバカンから5時間。 モスクワのシェレメチェヴォ国際空港ターミナルDに到着した僕は、 モスクワ市内に出かけて見聞を広める事に もともとはモスクワ市街は殆ど興味が無くて、何も下調べして来ていなかったが、 『行き』のトランジット7時間をこの空港で過ごしたのが拷…
>>続きを読む

(10) さようなら ハカス共和国 ホテル前でBROMPTONを折畳んでいると、ホテル前にいたロシア人の若い作業員たちに声をかけられた。 言葉が全然判らないので、適当に流すしかない。 『やはり、G翻訳などをアテにせず、少しはロシア語覚えてくるべきだった』 そう思…
>>続きを読む

2015.07.21 ハカス共和国首都アバカン市にて ここは僕の言葉が全然通じない場所・シベリアの町アバカン市。 持ってきたBROMPTONに乗って、見聞を広めるべくプラプラと走っている ●古い住宅街Aへ 午前中は比較的都市化が進んでいる地区(鉄道アバカン=…
>>続きを読む

2015.07.21 ハカス共和国首都アバカン市にて いまだ、街なかの位置関係を掴んでいないが、 高原のリゾートにいるかの様な清々しい空気のシベリアの町を探訪中 アバカンの官庁街と思しきあたりに差しかかり、公的な建物が散見された。 ●アバカン市役所 日本…
>>続きを読む

それは多分、世界一コンパクトなパリ旅行。 なんか、日本にも存在しそうだぞ。 2015.07.21 ハカス共和国アバカン市内の公園にて …
>>続きを読む

2015.07.21 ロシア連邦ハカス共和国首都アバカン市にて ここは中央アジア・アルタイ山脈の北方にあるシベリアの町・アバカン。 愛車・BROMPTONに乗り、トロトロと街なかの見聞を続ける ●PIZZA屋は判った お、ロシア語(あるいはハカス語)でない看板初めて見…
>>続きを読む

2015.07.21 ロシア連邦ハカス共和国アバカン市にて 海外リゾート都市で自転車借りた事は過去にもあったけれど、マイチャリを異国に持ち込んでのポタは初めて。 ちなみに2013年にBROMPTONを購入した時、そういうポタをする最初の町はロンドンだろうと思っていた。 ミ…
>>続きを読む

(9)宿泊先 アンザスホテル ●ニコライと別れる 郷土博物館、そしてアバカンの丘からホテルに戻ってきた。 まだまだお昼くらいの明るさでだけど、時刻は19時ぐらい。 ニコライとはここでお別れになる。 クルマを降りてドアを開けてくれた彼に、日本から持ってき…
>>続きを読む

(8)郷土博物館 その2 ニコライの案内で、アバカン市の郷土博物館を見て回っている。 ここは彼のお母さんが館長を務める博物館だそうで、『好きなだけ写真を撮って構わない』と言われていた。 ●館内の様子・続き KOU:「わー、すごい景色」 ニコライ:「こ…
>>続きを読む

(7)○○博物館 その1 ロシア語しか話せないセルゲイと2人きりになると、言葉が通じない国の旅の困難さが判る。 言葉が通じない者同士で『時間つぶしをする』というのは、なかなか大変な事の様に感じた。 それでもセルゲイは任務に忠実なのか、それとも親切心が強…
>>続きを読む

(6)アバカンにて町の探訪 ●『クワス』初体験 アバカンに戻ってきた僕は町を案内してもらう途中、ところどころで見かける『タンク』が気になっていた ニコライ:「なんてことだ。君はクワスを知らんのか。これは飲んでいってもらわんとな」 彼はタンクのほうにずか…
>>続きを読む

KOU:「ニコライ、あれは何だい?」 ニコライ:「なに?君はクワスを知らないのか?それはいかんな。(ああ、君、1杯くれたまえ)」 さて、そのお味は・・・? 2015.07.20 ハカス共和国アバカン市の路上にて …
>>続きを読む

一年半前BROMPTON買った時、最初に持ってく海外はロンドンだろうと思ってましたが、アバカンになりました。 まさかレーニン像とこういう写真を撮るとは、思ってなかったなあ・・・! 2015.07.21 ロシア連邦・ハカス共和国 アバカン市 政府庁舎前のレーニン像の…
>>続きを読む

この町を訪ねる事が、僕の日常や異国の人に、色々な出会いやきっかけを作ってくれました。 終わりのたもとには、新しいはじまりが。 2015.07.20 ハカス共和国・アバカン市の丘にて …
>>続きを読む

(5)邂逅 アバカンの丘の上で 慰霊碑へのお参りが終わり、クルマに乗りこむ。 トーマスはここで一旦離脱らしく、ニコライとセルゲイが案内役を務めてくれるという。 チェルノゴルスクの墓地周辺には、こういう住宅地が広がっていた。 このあたりの、標準的な住…
>>続きを読む

(4)慰霊 チェルノゴルスクにて ●墓参り出発前の、悔やまれるやりとり 今回の旅路で、最も悔やまれるのが、この時のやりとりだ。 トーマス:「さあ、KOU。これからチェルノゴルスクの祈念碑に向かうが、他に行きたい場所はないか?」 今思えば当然の質問。 だが…
>>続きを読む