●『2017冬のカスタム全3弾』のオマケ第4弾で取り付けた『加茂屋BROMPTON STICK』






●スタンディングポジションにした際、サドルをちょっと上に引っ張ってもHOLD状態が崩れないスグレモノ!

通常、折り畳んだBROMPTONを携えて移動する場合、サドルを上に伸ばしてコロコロ押すとラクなのだが、

その状態で段差などを越えようと不用意にサドルを持ち上げると、折り畳み状態が崩れてしまう

それを防ぐ為、折り畳み後は長らく後輪と車体をチェーンロックで固定する手間をかけていたが、

このスティックによって、その煩わしさは解消された

しかし・・・





●ああっ
イメージ 1

リアリフレクターに傷がッ!

『BROMPTON STICK』を取り付けた場合、STICKはリフレクターの『土台』も兼ねる事になるのだが、

リフレクターの位置がノーマル時より『やや突出する』事で、折り畳み時には地面と干渉しやすくなるらしい。

・・・まあ、BROMPTN STICK装着後、折り畳み転がし時に『前より地面と擦るなあ』とは気づいていたが・・・。







●購入してから5年ほど経ち、ドロヨケ周りの汚れも目立ってきた
イメージ 2

これらの傷は、間違いなく『BROMPTON CAMP』でついたものだろう。

冬のカスタムでスタンドを装着するまで、岩地でさんざんスタンディングポジションで駐輪したからな・・・

一方で、車体購入時直後の折り畳み転がしで、多少傷がついていた様な気もする。

新車時に『イージーホイール』に換装したものの、転がし性能には不満があった。

オプションで付けたBROOKSのハンドルグリップとか、あっさり地面でこすって、すぐ傷物になったしな・・・。

思うに、このままでは、この前換装した『BROOKSのレザーテープ付きのPハンドル』も同じ運命を辿るだろう。






●そこで・・・
イメージ 3

いつもお世話になっている『GO CYCLE』で、転がし用ホイールを交換する事にした







●新しく取り付けるのはRIDEA(リディア)の『リアラックローラー』およびローラー一式
イメージ 4

これを付けると、リアローラの位置をイージーホイールより一段階上げる事が出来て、

折り畳み時にドロヨケやリアリフレクターと接地面のクリアランスをより確保出来る様になる。







●地形にもよるが、ともすればBROMPTONは折り畳み時に・・・
イメージ 5

この様にハンドル側に傾いて地面に接触したり、転倒したりする事が少なくない。

ハンドルにスマホホルダー他のグッズがついて重くなっている場合や、Pハンドルの場合は特にそうだ。

まして、RIDEAの場合は通常ホイールより嵩上げして重心が高くなるため、そのままでは余計倒れやすい。

しかし・・・





●RIDEAのリアラックローラーのひみつは・・・
イメージ 6

『スッ』とローラを延ばして、転倒を防ぐ事だったりする

これで、『接地面と車体のクリアランスを増した事による転がし性能UP』と『安定性』を同時に担保するのだ。





●転がし性能はこんなに良い






●削りだしアルミの風合いも、なかなか素敵だ
イメージ 7

お値段は・・・

 リアラックローラー ES EEWB1(ホイールは別売) 14,000円

 イージーホイール(ペアー) ES EW1 9,900円

 リアローラー ES RMR1 4,000円

 工賃 1,080円

 ・・・合計28,980円


結構いい値段だ

まあ、GW、旅にも出られずお金使わなかったし、よしとするか。






●ますます『転がしやすくなった』我がBROMPTON
イメージ 8

横着なポタ旅が好きな僕には必須のカスタマイズだったといえよう。

折り畳み状態での転がし移動がめちゃめちゃラクになった事で、旅モチベーションもUP

スケジュール見極めて、出来るだけ遠くに出かけたい




ブログ村のカウンターにチャレンジしています


↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします