●向かい風に逆らってトロトロと走り続けるうちに・・・
DSC00334

眼前に広がったのは、久々にやってきた四日市の工業地帯の景色。

サイコンを見ると、このあたりで自宅から大体40kmくらいだった。








●1か月チョイ前に購入したSONY RX100Ⅵの最大望遠を試してみよう
DSC00336

LUMIX GX7 200mm望遠レンズ付きより圧倒的に小型ながら同等以上の性能に感じられ、満足。

ただ、購入1週間後に同価格でアップグレード版のRX100Ⅶが発売されたのにはガッカリだった

後で聞いたら、SONYストアのショップスタッフに新製品の連絡が入ったのも発売2日前だったとか。

「15万もする製品でそりゃあんまりだ」と僕は思うが、世の中そんな事だらけなんだろう、多分。








●まあ、いいや。
DSC00338

今日はコンビナート・四日市市を象徴する「霞ヶ浦ふ頭」に初めて立ち寄っていこう










名古屋周辺ポタ

もしかして楽勝?
河口堰やコンビナートを巡る名古屋周辺100kmポタ
(後篇)


2019.08.25








●とても広く感じる霞ヶ浦ふ頭
DSC00339

大名古屋の金城ふ頭の倍くらいあるのか

Googleマップで広さを確認したら、タテ4km、横8kmくらいの広さはあるようだった。

建物がより少なく見える為か、平坦で広大な土地に感じる。









DSC00340

この日は日曜日という事もあってか、大型車の出入りはそんなに見られず、

岸壁のあたりには釣り人の姿も目立つのどかな光景。









DSC00342

大きなガントリークレーン

貨物船が居並ぶ様子など撮影できるとかっこよさそうだが、あいにく見当たらないな。











●まあ、いいや
DSC00348

港をバックにした写真を撮ると、沖縄の座間味島に船でポタした時の記憶がよみがえる。

BROMPTONを買ってまる1年経った頃だから、もう5年前(2014年)の事だ。









d3d65f6d

思えば、BROMPTONの旅の良さを知ったのはあの旅だったなあ。

その後、国内外各地に出かけているけれど、慶良間(ケラマ)の島々にはまた、行きたい。







●今いる場所は、慶良間と真逆の環境かも知れない
DSC00362

しかし、この霞ヶ浦コンビナートも走っててかなり楽しい

自分にとって、非日常の空間である上に、道路は限りなくフラットで広く、意外と木陰も多い。

直線道路も数kmの長さがあり、アタマを空っぽにしてのんびり走れる感じだ(´ε`)~♪






DSC00359

本当に「一直線」の大きな通りを中心に10km少々走り、コンビナート地区を出る。

スタートからここまでのキョリは53km。

ココからとりあえず帰宅する方向に走り出すが、ここから自宅までのキョリは40kmしかない為、

このまま帰っても100kmには至らない筈だ。






●とりあえず、遅めの昼食(15:02)を食べつつ、少し休憩するとしよう
DSC00364

すき家に立ち寄って、中盛牛丼+しじみ汁+たまごのセットを食す(*v.v)。。

ほう、久々の牛丼、美味く感じるもんだな

ただし、しじみ汁は砂抜きをもうちょっとしっかりやるべきだ。

40分ほど、少しゆっくり目の休憩をのんびりとって、さて、再び走りだすか!






●16:03、桑名市の揖斐川河岸まで戻ってきた
DSC00369

お昼過ぎに通った長良川河口堰が見える。

その右側に・・・








DSC00370

あの富士山展望台も見えるぞ

あがっちょるあがっちょる。







●ここまで来たら「七里の渡し」にも立ち寄っていこう
DSC00373

七里の渡しは、東海道五十三次における名古屋の熱田宿とここ桑名宿を結ぶ渡し舟。

この区間、東海道は陸上の道ではなく「海上七里」と呼ばれる約28kmの航路で結ばれていた。







DSC00375

現代でも、一応、船着き場はある。

僕が度々出向く熱田にも船着き場はあるので、もしかするとたまに渡し舟が出ているのかも?







●このまままっすぐ帰ると100kmにキョリが足りないので・・・
DSC00376

目の前の伊勢大橋や10km上流の立田大橋を渡るのはやめて、

20kmほど上流にある海津市の東海大橋(トウカイオオハシ)を渡って帰る事にしよう。







DSC00379

風は再び向かい風になってきたけれど・・・







DSC00387

なんかよく判らないが、全然疲れない

のんびり走っているからか、周囲の環境がいいからか、それともここ1か月のトレーニングの成果か。







●東海大橋(トウカイオオハシ)
DSC00389

割とあっさり到着。

とはいえ、時間は・・・






DSC00390

18:00近い。

出発したのが10:30なので、やっぱり、かなりのんびり走っているといえよう。

ちなみに、この時計は3年ぶりくらい?に購入したGショック。

20気圧防水、世界48都市ワールドタイム対応(MRGの様なゾーン別の自動表示変更はナシ)の他、

防塵・防泥機能、温度計付き、方位磁石付き・・・と、砂漠を旅するのにぴったり





まあ、何よりも気に入ったのは「色」なんだけどね(´ε`)~♪





●とろとろと走っているうちに愛知県に入り・・・
DSC00391

「あま市」?のあたりにも、なかなか趣のある街かどがあるのを発見したりして、

ちょっと気持ちが上がったりする。

っていうか、なんか、もしかして本当に余裕があるのか?僕は






●名古屋市到達は19:02
DSC00394

いつもなら「鉄腕DASH」を見るために猛スピードで帰りたくなってた筈の時間帯なのだが、

今日は特番の「24時間TV」(見なくていい)なので、急いで帰る必要もない。

そんな感じで、1日中本当にのんびり走れたのが。この余裕の理由だろうか?






DSC00397

名古屋駅西口の盛り場をのんびり走り抜け(´ε`)~♪









DSC00398

駅の反対側に入り、栄地区にくると、もう、自宅!

腕時計を見ると、時刻は19:30。

もし、出発が10:30でなく3時間早い7:30だったなら、16:30には戻ってこれていた筈。

今日のまともな「観光」は河口堰での1時間くらいだったが、もう1か所に立ち寄って時間使っても、

18時前には戻れる計算になる。

なんか、いいカンジじゃない










●総走行キョリは・・・
DSC00400

106.8km!!

当然、多少の疲労はあるけれど、琵琶湖一周ポタや、伊勢神宮ポタの時の様なクタクタ感は皆無!

そして、ヒザも全然痛くない。

もしかして・・・







●これも効いた?
DSC00463

初めて購入してみた「ヒザサポーター」。

愛読しているブログ「ブロンプトン旅」の俺さんは、

僕と同じ現役世代にも関わらず年に3回くらい1週間程度のBROMPTON旅に出て、

連日150kmとか180kmとか走った上、しっかり観光もする超人だ。

その彼がヒザ痛対策でサポーターしたら効いたとか書いてらっしゃったのを参考にした。









サポーターに関する知識もないので、とりあえずAMAZONでお手頃かつ評価が高かったヤツを

両足分の2個ポチポチっと購入して着用してみたところ…「あっ、100km走っても全然痛くない

アームカバー同様、こういうのもちゃんと考えて早めに導入しておけばよかったかも、だ。









●自室に戻り、夜風に吹かれながら思う(*v.v)。。
DSC00402

今回、終始向かい風だったのに、特段頑張るでもなく景色をのんびり楽しみながら淡々と走り続け、

終わってみれば超楽勝だった。

今後のポタ旅計画は、平坦地の旅については100km級の行程を加えても大丈夫そうだぞ







●MAP
図1








<ヒマつぶしにはなったよ!と思われたら、ぜひ、ポチお願いします!>