●木曽川を下り始めると、容赦なく向かい風が吹いてきた
DSC05167

『なるほど、ここまでやけに順調だったのは強い追い風があったから

今、風は正対方向からおそらく5~6m/S以上の勢いで吹いてきている。

なかなか辛い。なかなか辛いが・・・





●なんと、あっさり慣れてしまった
DSC05169

ここしばらくの間、毎晩毎晩、

風の強い日も「あえて風に逆らうように」片道10~15km走ってた効果が出ているのかも知れない

あれは別にトレーニングのつもりでやってたのではなく、

”行きは辛くとも帰りはメチャ爽快で『結果としてラクに感じるから』”やってた事だったのだが、

まさか実戦で役に立つなんて

『ププッ、Pハンドルの下握って走れば超楽勝~♪!』








え?これも楽勝??


BROMPTONで名古屋周辺120kmポタ
(後篇)










●木曽川堤(馬飼大橋)を超えると、交通量は極端に減る
DSC05170

なにしろ、この先堤防道路は自動車通行止めになるからね♪

再び、安心してPハンドル下を握って走れる~♪





12:52、自動車立ち寄り禁止区域に到着
DSC05171

ここに至るまでの間、キャットアイのサイコンがますます不調になっていてイラつく









DSC05174


表示は65kmになっている。

ところどころで計測が停止したり、進みが遅くなったりして使い物にならない。

今回、事前にルート設定しているワケでもないので、

どの地点でどの程度のキョリなのかもまったく判らないが、

「正常に測定出来ていたと思われる区間」を思い出すと、おそらく自宅から75km程度かしら?







DSC05172

向かい風は相変わらず「ガンガンに」吹き付けてくる。

しんどくない訳ではないが、以前ほどネガティブに感じないな。






●慣れていくのね。自分でもわかる(*v.v)。。
EZ0w6uDU0AM1iG1

自分でも全く意外だ。

スポーツに打ち込んだ経験が完全ゼロだから、この歳になってもこういう初体験もあるらしい。

ちなみに、僕は初代ガンダムは再放送で何度も見ている世代だが、

セイラさんのこのシーンとか、全く記憶にないんだよなあ(セリフは知ってる)。

チャリに乗って走り回って遊んでるほうが好きな子供だったしなあ。







●東海大橋下で一休み
DSC05178

向かい風に逆らって進み続けているので、それなりには疲れる。

地面に腰をおろしてチョイ休憩







●あ・・・
DSC05179

ロマン探求ポタ(*v.v)2019にてカサブランカのホテルで修復したスニーカーがまたぶっ壊れてきてる。

まあ、カサブランカでつけてもらったボンドは手間かかる割に接着力が弱くて、

中部国際空港に到着すると同時に再びぶっ壊れて、帰宅後に『アロンアルファ』で直したんだよな。

アロンアルファはホントすごくて、その後半年、タフに使ってこられていたが、そろそろ限界らしい。







●まあ、またくっつけて使うさ~♪
DSC05181

この程度の破損でいちいち靴更新してたら、BROMPTONくんのパーツも買ってられんもんね~♪








DSC05186

再び走り始めて5~6km程度走ると、両側に川が見えてくる。

左側が木曽川、右側は長良川。

今、走っているのは、両河川に挟まれた堤防道路(大体10km超にわたり自動車進入禁止)なのだ

向かい風だけど、クルマが来ないだけで実に気分がいい。






DSC05191

国営木曽三川公園の展望タワーが見える

あそこの根元にはレストランがある。

もし、営業を再開していたら、昼ごはんはあそこのカレーでも食べる事にするか。。。







●チーン・・・
DSC05192

まだ再開していないようだ

しかし、もうだいぶ走って来ていてさすがに休みたいし、この近くでお昼ごはん休憩したいな・・・。

と、なれば・・・






●あそこに行くか
DSC05194

揖斐川をわたり、三重県側にチョイと入って500mほど進むと・・・






●あった!『ミツウロコグローサリー桑名木曽三川店』
DSC05195

ココは木曽三川公園方面にポタする時、度々使っているコンビニなのだけれど、

かつて、名古屋を中心に展開していたコンビニ「COCOストア」を彷彿とさせる惣菜が現存する

COCOストア・・・(*v.v)。。

10年前、名古屋に越して来た時に「コメダ珈琲」とならび、

「大名古屋のロマン(*v.v)。。」を感じた大いなる要素のひとつ。

2015年、無味乾燥な「ファミマ」に吸収された時は大ショックだった

頻繁に利用していたココストア広小路伏見店、後継のファミマになった後は1回も行ってないや。。。





●それが・・・
DSC05197

このお店には、COCOストアのそれの様に、店内で作りたて・出来立ての弁当・惣菜が、

ところ狭しとならんでいるぞ





●「唐揚げ」と「ポークサンドにぎり」を購入
DSC05200

どちらもCOCOストア営業時に好きだった商品

店内のイートインスペースで頂いていく事にする。








DSC05201

出来立てホカホカで・・・







DSC05203

おいしい!!







●ここでは14:40分ごろまでのんびりと休んでいく事として・・・
DSC05202

問題は、一体、どの程度のキョリを走ってきたのかという事だ。

さきほどの堤防道路上で、サイコンは全く動かなくなっていた。

ただ、たしか、以前走った時、あの区間はちょうど10km程度だった様な気がするから、

現在地までのキョリは大体85km前後じゃないかと思う。

そうすると、あと35km程度を2時間20分で走ればいいという事か・・・。

ここから直で家に向かうと25kmくらいだったハズだから、もう1本下流の橋を経由するか?

しかし、時間的にはちょっとキツイかな?






●とりあえず、もう1本下流の「濃尾大橋」を目指そう
DSC05205

揖斐川右岸堤防道路を下ってゆく。

お?

風向が右側からの風(西の風)に変わったか??

向かい風でなくなった為、ぐんぐんくだっていけるぞ。






●濃尾大橋が見えてきた
DSC05207

多分、さっきのコンビニから10km弱くらい走ってきていると思う。

全体のキョリだと95kmくらいだと思う。

ここから自宅まで、多分25kmはあると思うので、120kmは稼げるんじゃないかと思うのだが。。。








●時刻は15:19
DSC05209

17時まで1時間40分しかない。

ここから自宅まで仮に25kmだとして、ともすれば市街地的な道をその時間で着けるものだろうか?






DSC05210

まあ、とにかく行ってみよう・・・



背中からすごい勢いの追い風!

これは、結構なスピードが出るかも?








DSC05213

少し進むと名古屋のキョリが表示される。

濃尾大橋から家までのキョリは、大体、感覚通りで合っていたみたい。

問題は、濃尾大橋までのキョリでどれだけの誤差が出ていたか、だ。





●排ガスを胸いっぱい吸い込みながら力走する
DSC05214

追い風があれば、BROMPTONくんでもそれなりの速度が出る

こりゃあ、ラクチン♪






DSC05218

ささしまライブを通過~~♪

もう、自宅はスグだ。






●自宅付近まで帰ってきた
DSC05219

ほどなく、自宅へ到着!

体力的には超・楽勝!

問題は、「17:00までにちゃんと着けたか」、そして何より「120km走ったのか」という事だが・・・








●まず、時間については・・・
DSC05220

16:50到着

はっきり言って、強い追い風じゃなかったら絶対に間に合わなかったが、

まあ、「運も実力のうち」という事でいいだろう~♪






●キョリは?
DSC05221

サイコンは動いたり動かなかったりを繰り返して93.52km。

そこで、「キョリ測」を使って調べてみると・・・







スクリーンショット (311)

ピッタリ120km

多少、道なりより短くなる地図上で120.8kmだったので、実際は121~2kmくらいといったところか。







●なんだ、やれるじゃん!

l001

新型コロナ中の「コツコツ練習の積み重ね」でパワーアップしたのかも知れない。

すっかり気をよくした僕は、次なる「テスト」に出かけてみる事にしたのだった。




(この項、おわり)






<ヒマつぶしにはなったよ!と思われたら、ぜひ、ポチお願いします!>